アルギニン 寝起き

寝起きのアルギニン摂取が良い理由とは?

アルギニンを寝起きに摂取することを勧めているケースがよくありますが、それはなぜでしょうか?
それは寝起きが一番空腹状態が強く、体内吸収が高いからです。
体内吸収が良い方が、当然効果が表れやすくなりますので、アルギニンを最大限に生かすことができます。
しかし、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取は、良い事ばかりではありません!
寝起きの空腹時にアルギニンサプリメントを摂取すれば、胃痛を起こす人も出てきます。
胃腸が空っぽな状態で強い成分を摂取すれば、胃腸が荒れてしまいます。
サプリメントは薬ではありませんが、アルギニンはそれなりに強い成分です。
空腹時に薬を飲むと、胃が荒れるように、アルギニンサプリメントも空腹時に摂取すれば、当然胃が荒れる可能性が高くなってしまいます。
そのため、胃腸が弱い人の場合、アルギニンサプリメントの摂取は、寝起きは避けた方が無難です。
万が一、寝起きの摂取で胃痛や下痢が起きた場合、仕事や学業に集中できなくなってしまい、午前中に何度もトイレに行きたくなってしまうというリスクもあります。
お腹が弱い人は、寝起きのアルギニンサプリメントは避けた方が無難です。
胃腸に自信がある人だけにしましょう。

 

 

寝起きのアルギニン摂取が勧められない理由

寝起きのアルギニンサプリメントの摂取は、基本的にお勧めできません。
もしも寝起きにアルギニンサプリメントを摂取するのであれば、胃痛や下痢などの症状も覚悟した方がよいでしょう。
というのも、寝起きにアルギニンサプリメントを摂取すると言うのは、空腹時を利用して体内吸収を高めるメリットがあるからです。
しかし、空腹時のアルギニン摂取は、同時に胃を荒らす可能性もあります。
空腹時に薬を飲むと、胃が痛くなるのと一緒です。
アルギニンサプリメントも、空腹時に飲めば、それだけ胃痛が起こりやすくなりますので、胃腸が強い人でないと、胃痛や下痢の副作用が出やすくなってしまいます。
午前中にお腹が痛くて、なかなか学校の勉強や、仕事に集中できなくなり、ミスを連発したりするのは避けたいですよね。
そういう不安を感じたくないのであれば、アルギニンサプリメントは、やっぱり寝起きの空腹時は避けた方が安心です。
朝から腹痛に悩まれる可能性がありますので、大事な発表などがある時には、避けた方が、午前中を快適に過ごせると思います。
お腹が気になって、集中できなくなってしまうのでは、アルギニンサプリメントを使うメリットが感じられなくなってしまいます。

 

 

アルギニンを寝起きに摂取するメリットとデメリット

アルギニンを寝起きに摂取するのは、メリットもデメリットもあります。
寝起きにアルギニンサプリメントを飲むメリットは、体内吸収が上がること。
逆に寝起きにアルギニンサプリメントを飲むデメリットは、空腹時の摂取によって胃が荒れやすいこと。
胃腸が強い人の場合は、寝起きのアルギニンサプリメントはメリットの方が強くなるかもしれません。
しかし、お腹が弱い人の場合は、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取だと、腹痛や下痢などで午前中を無駄にしてしまうという可能性が出てきます。
午前中は、学生にとっても、社会人にとっても、大事な活動時間です。
その時間に、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取が原因で、下痢や腹痛から、十分に活動できなくなってしまうのは、アルギニンを摂取するメリットがありません!
午前中に大事な用事がある人は、念のために、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取は避けた方が良いと思います。
寝起きに限らず、空腹時のアルギニンサプリメントの摂取には、胃痛の問題がつきまといますので、気を付ける必要がありますね。
体内吸収の良さをとるにしても、リスクが付きまとうので、健康にアルギニンサプリメントを摂取したい人は、食間の方が安全です。

 

 

「アルギニンは寝起きに飲むと良い」に賛否両論

アルギニンは寝起きに飲むと良いと言う意見もあれば、飲まない方が良いという意見もあります。
なぜ、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取は、賛否両論なのか?
それはアルギニンのサプリメントが、『空腹時に摂取すると胃痛を引き起こしやすい』というデメリットがあるからです。
一方、空腹時は、体が飢えた状態なので、体内吸収が非常に良いというメリットもあります。
寝起きにアルギニンサプリメントを飲むのが良いと主張している人は、体内吸収の良さを理由としていることが多いです。
そして、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取を勧めていない人は、空腹時の寝起きのアルギニンサプリメントが、胃痛や下痢などの体調不良を起こす可能性を心配しているのが理由です。
どっちも事実なので、体質によってはメリットを感じる人もいると思いますし、デメリットを感じる人もいます。
そのため、アルギニンサプリメントを寝起きに飲むのであれば、胃痛や下痢であんまり悩んだことがない人の方が良いですね。
しょっちゅう、胃痛や下痢で悩んでいる人の場合は、アルギニンサプリメントを空腹時に飲むことはお勧めできません。
体質によって、アルギニンサプリメントをいつ飲むか考える必要があります。

 

 

アルギニンは寝起きが良いは嘘!?

アルギニンは寝起きで摂取すると、下痢や胃痛の問題が出てくる可能性があります。
というのも、寝起きというのは、空腹ですよね。
そのため、アルギニンサプリメントを寝起きに摂取すると、体がスポンジのように有効成分を吸収しやすい状態になっているので、効率良くアルギニンを摂取できるというメリットがあるのです。
ところが、空腹の時には、アルギニンのような成分が入ると、胃が荒れやすいというデメリットもあります。
そのため、胃が弱い人は、寝起きにアルギニンサプリメントを飲むと、胃が痛くなってしまい、再作の場合は下痢などの症状がでるようになります。
結果的に、寝起きのアルギニンサプリメントの摂取が、必ずしもおススメとは言えないのです。
体内吸収の良さを重視している人にとっては、確かに寝起きはアルギニンサプリメントを飲むのに良いタイミングです!
しかし、胃が弱い人は、健康のことを考えるのであれば、空腹時の寝起きは避けるべき!
それぞれの体質によって、かなり異なってくると思いますので、お腹が心配な人は、出来るだけ空腹時の朝のアルギニンサプリメントの摂取はやめておきましょう。
サプリメントは健康食品ですが、やっぱり薬に準ずる効能がありますので、よく考えて摂取しましょう。

トップへ戻る