高血圧を予防するには

高血圧を予防するには

 

高血圧を改善するうえで重要な事といえば一体なんだと思いますか?
高血圧を改善したい時には、やはり高血圧の種類を知ることですよね。

 

高血圧というのは大きく分類すると2つの種類があります。
二次性高血圧と本態性高血圧の2つです。

 

二次性高血圧は、その原因が臓器の病気によるものです。
そして本態性高血圧は、いくつもの原因が考えられているのです。

 

自分がどちらの高血圧のタイプなのか、ということをしっかりと知ることが重要です。
そうすることで高血圧を改善する方法をしっかりと選択することができるようになりますよ。

 

二次性高血圧であるならば、原因となっている病気をしっかりと改善することが二次性高血圧の改善において重要なのです。
さらに万が一本態性高血圧の場合には原因自体を把握することは難しいものですが、その要因もしっかりと絞り込むことができるようになってきています。

 

大きく分けると、本態性高血圧の要因というのは遺伝的なものと、生活環境的なものの2つの種類に分類することができるといわれています。

 

遺伝的なものは持って生まれたものですので、簡単には改善することができません。
しかし、遺伝的な要因であるということはある程度は自分で高血圧に対する対策をすることができますよね。

 

高血圧と耳鳴り

 

高齢になってくるとそれまでは普通に聞くことができていた音が聞こえにくくなることもあります。
人それぞれではあるのですが聞こえている周波数が年齢によって少しずつ異なりますので耳鳴りがすることが多くなるのです。

 

たとえば若者にしか聞くことができない音、というものもあります。
この逆で高齢になると聞こえる周波数もあるのです。
この周波数で聞こえる音を耳鳴りと感じてしまうこともあるのです。

 

また、高血圧の症状によっては耳鳴りを感じる、ということもあるのです。
耳の周辺にも血管が走っているのですが、その部分の血管が硬くなることで血流が悪くなります。
そして雑音を発するようになり、他覚的な音が聞こえるようになるのです。

 

高血圧の症状による耳鳴りを上手に改善する方法ですが、実は効果的な内服薬などはありません。
一般的な高血圧用の薬というのは血圧を下げるものです。
血管の硬化までも改善することはできません。

 

つまり血管の硬化まで改善することはできませんので、耳横を血液が流れることで音が出るようになるんですよ。
そこで、一つの対処法として食生活を見直すようにして血管の硬化を予防、改善するために塩分を減らすようにしてみましょう。

 

この食生活の改善というのは非常に重要ですので、よく覚えておいてください。

 

高血圧の自覚症状は?

 

高血圧の症状というのは自覚症状がありませんので危険性も高いのです。
そのため、ある日突然高血圧が引き金となってしまい、脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気を発症してしまうことがあるんですよ。

 

血圧というのは1日の中で頻繁に上下しているものです。
例えば、お風呂に入った時や、イライラしている時、寒い時や喫煙時など様々なタイミングで血圧は上昇してしまうんですよ。

 

普段の生活の中でこのように血圧というのは頻繁に変化しているにも関らず、身体にこれといって異変が起きることはありませんよね。
そのため、日頃から高血圧を予防することができるようにしておかなければなりませんよ。

 

もともとの血圧が正常なのであれば問題はありませんが、高血圧の症状がある場合には、高血圧を基本としてそこからさらに血圧が上下するのです。
そのため、血圧の基本となる部分を下げなければ、場合には問題はないのですが、高血圧の症状がある人の場合には、高血圧である上にさらに血圧が上がりますので、脳卒中や心筋こうそくなどの突然死のリスクが高まってしまうこととなるのです。

 

高血圧というのは普段の生活の中で食生活や生活習慣を改善することによって、少しずつ症状を改善することができるようになりますよ。

 

血管を柔らかくするもっと直接的な方法

 

血管の内膜を刺激することで、平滑筋が緩み、その過程で血管を拡げ、血圧を下げ、血流を促す作用をする一酸化窒素は生み出されます。だからこそ外側から血管をさするようにマッサージすることで、血管を柔らかく拡げ、血圧を下げる効果があるのです。

 

しかし、内膜を刺激したいのであれば、もっと直接的な方法があります。内膜は血液と接する面ですから、血流を速く多くしてあげればよいのです。

 

血流を速く多くする方法とは、皆さんご存知の通り適度な運動をすることです。本当なのかどうか分かりませんが、一日に一万歩歩く習慣さえあればほとんどの生活習慣病は防げると言いますから、適度な運動が体に良いというのはひとえに一酸化窒素のおかげなのかもしれません。

 

生活習慣病は、がんを除けばどれも血管に関わる病気です。糖尿病、心疾患、脳血管障害。そしてこれらはQOLを著しく下げる要因ともなり、死因の上位を占める疾患でもあります。

 

適度な運動をすることで、血管内では一酸化窒素が発生します。このガスは血管を拡げ、血圧を下げます。血の巡りがよくなれば隅々まで栄養が行き渡りますし、体温が上がります。

 

では、日ごろから運動をしている皆さんにアルギニンは必要ないものでしょうか。

 

いいえ、普段から運動をしている方だからこそ、アルギニンは摂取して欲しいのです。アルギニンは一酸化窒素の原料になるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促し、疲労回復を助けてくれます。

 

日ごろ運動をする方ならば、回復期にこそ体の強化の本質があるということをご存知だと思います。あなたの体が硬いのは、もしかしたら血管が硬いのではなく筋肉が凝り固まっているからなのかもしれません。

 

それではトレーニングの効果も半減ですし、疲労の溜まり方は倍増です。疲労を押してトレーニングをすれば、怪我の原因にもなります。

 

しっかりトレーニングをする方だからこそアルギニンサプリを摂取して欲しい。アルギニンは疲労回復を促し筋力アップの補助をするだけでなく、一酸化窒素を増やして血管を拡げ柔らかくすることで心臓への負担も落とします。

 

ストレッチは血管を労わる意味でも、筋肉を労わる意味でも重要です。内側と外側から体を鍛え、ケアすることで、効果が何倍にもなるのです。

 

朝起きるのが辛い方、試してみてください!L-アルギニン5000プラス

 

ノーベル医学賞受賞の
イグナロ博士という方がいらっしゃるのですが

 

その博士が、一酸化炭素には血管を強くする効果や
アンチエイジング効果があると立証したそうです。

 

そして、一酸化炭素を効果的に作る5大成分

 

1:L-アルギニン
アミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌促進
脂肪代謝の促進、血流改善効果など。

 

2:L-シトルリン
体内の一酸化酸素の生産を刺激する要素。
アルギニンと一緒に摂ると相乗効果をあげる。

 

3:ビタミンC
血圧低下、心臓病のリスクの軽減など。
他にも一酸化炭素を守る役割がある。

 

4:ビタミンE
心血管系の保護。

 

5:葉酸
一酸化炭素合成酵素の効果活動を強化。

 

以上をバランス良く配合したのが
「L-アルギニン5000プラス」です!!

 

現役プロレスラーの秋山準選手も愛用していて、
とても気に入っていらっしゃるそうですよ。

 

アルギニンのサプリメントは
飲みにくいという話も聞きますが

 

L-アルギニン5000プラスは
シトラス味でとても飲みやすくなっています。

 

朝起きるのがラクになった!
風邪を引きにくくなった!
疲れが取れやすくなった!

 

という喜びの声もたくさん届いているそうですよ。

 

高品質のものをお探しの方に
L-アルギニン5000プラスをオススメいたします!

 

 

 

トップへ戻る